不動産名義変更の相続登記

不動産の所有者が亡くなって、遺産相続で不動産名義変更を行う場合は、相続登記と言われる手続きをとります。

不動産名義変更は、故人が亡くなった後にすぐに行わなければならないものではありません。

法で定められているわけではないので、そのままにしてしまう人もいます。

中には、住居にしている不動産の名義が、特に誰の名前でも気にしない人もいれば、不動産名義変更を行う手間を面倒に感じて、そのまま変えずに放置してしまうケースもあります。

不動産名義変更の手続きをしておかないと、いざ不動産を売却する段になってトラブルになります。

不動産賠償を受けることも難しくなります。

不動産の所有者が亡くなっている場合そこに住んでいるというだけでは、賠償を受けることもできないのです。

不動産に抵当権がついていたら、抹消することもできません。

正当な相続人の権利も守ることが難しくなるため、不動産名義変更は、手続きを取っておく必要があるのです。

Comments are closed.