6月 10
2015

相続時精算課税制度と不動産名義変更

不動産名義変更で、生前贈与による不動産の贈与は、往々にして相続の際のトラブルを回避する対策としてとられるケースが多いものです。

生前贈与や遺言書による不動産の贈与は、贈与税や遺留分といった、相続トラブルを事前に見越して、間違いのないように計画を立てる必要があります。

生前贈与で不動産を譲る場合、贈与税の問題は避けて通れません。

税金が課せられるのは、当然、不動産を譲り受ける人です。

贈与税の基礎控除額が縮小されることが決まり、多額の贈与税がかかってくる可能性も高くなっています。

相続時精算課税制度を利用することで、贈与税の特別控除額を利用することもできます。

この制度は、65歳以上の親から、20歳以上の子どもに不動産贈与して、不動産名義変更を行う場合に適用されます。

贈与を受けた子どもは、税務署に決められた期間内に届け出を行う義務があるので、期限を確認して、間違いなく届けを出しましょう。

This entry was posted in 制度のこと. Bookmark the permalink.

Comments are closed.