6月 15
2015

売買に伴う不動産名義変更

持家を売る、マイホームを買う、こうした不動産の売買には、不動産名義変更が必要になります。

今までの保有者から、新しい保有者へ、登記上の名義も変更しておかなくてはなりません。

持ち主の名前が変わったら、速やかに法務局に登記する必要があります。

マイホーム購入は安い買い物ではありません。

問題なく不動産名義変更を終えれば、やっと安心してマイホームを手に入れた実感がわくというものですよね。

家やマンション、土地の売買で最も気をつけておきたいのが、権利や登記の手続きでしょう。

きちんとしておかないと、後々トラブルになりかねません。

不動産名義変更を行うためには、申立て書と、証左をあわせて登記に出向きます。

不動産を保持している人の名前を変えますよという申立てに、その理由を証左として提出するという手続きになります。

法務局の窓口で行うため、不明箇所などは法務局に問い合わせて確認するのも大切です。

This entry was posted in 様々なケース. Bookmark the permalink.

Comments are closed.